World Medical Solution公式ブログ

​がん・臓器移植・難病・小児医療などの海外治療コンサルティング

セルフメディケーション税制

f:id:WorldMedicalSolution:20170213155645j:plain

厚生労働省 が平成29年1月1日よりセルフメディケーション税制 (医療費控除の特例)を実施しました。スイッチOTC医薬品 (要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

 

www.WorldMedicalSolution.com

iPS細胞による移植医療の可能性

カリフォルニア州ソーク研究所医療チームにより、人間のiPS細胞を豚の受精卵に入れ、人間の細胞が入ったブタの胎児を作ることに成功したとする研究が発表されました。

将来的には豚の胎児の体内で人間の臓器を作り、移植医療の発展に繋がることが期待されます。

f:id:WorldMedicalSolution:20170202160041j:plain

臓器移植 /ドナー

 

January 27, 2017

 

現在、日本国内の臓器移植手術待機患者数は約13,000人。

アメリカ国内の待機患者数は約119,000人ですが、手術件数も

日本をはるかに上回っており、臓器移植をとりまく環境の

違いが浮き彫りになっています。米国移植ネットワーク

(United Network for Organisation Network:UNOS)は、

全米各地の患者リストを管理し、移植可能となった臓器が

最適な患者に届くよう情報提供をしています。 

 

2015年に行われた臓器移植手術件数とその内訳

 

米国 30,970件 (1日に行われる手術件数 約80件)

日本 315件

 

f:id:WorldMedicalSolution:20170127174902j:plain

 

また、米国では18歳以上の半数以上(51%)、約1.3億人が

ドナー登録しているのに対し、日本は約120万人。

米国では脳死後の臓器提供が約32,000件、生体ドナーからの

提供は約6,000件となっていました。   

 

 

臓器ごとの平均待機期間も米国では日本と比較すると

大幅に短い事が分かります。

 

腎臓 - 5年

肝臓 – 11ヶ月

心臓 – 4ヶ月

肺 – 4ヶ月

膵臓・腎臓 – 1.5年

膵臓 – 2年

 

情報元

アメリカ合衆国福祉保健省(US Deoartment of Health and Human Services)

organdonor.gov

 

日本臓器移植ネットワーク

Joyner.co.jp

 

f:id:WorldMedicalSolution:20170127163945j:plain

f:id:WorldMedicalSolution:20170127164020j:plain

www.WorldMedicalSolution.com

Moon Shots Program

f:id:WorldMedicalSolution:20170119111244p:plain

テキサス大学MDアンダーソン癌センターは癌治療の飛躍的な革新を目指す新しい計画を発表しました。かつての月面着陸計画になぞらえ「ムーンショット・プログラム」と呼ばれるこのプロジェクトにより、癌患者の生存率の飛躍的な向上が期待されます。

その比類ないデータと技術により、MDアンダーソンは癌治療では米国トップの医療機関としてランキングされており、癌の早期根絶に向けて重要なポジションを担っています。この癌治療の「ムーンショット・プログラム」で得られる情報は、今後あらゆる疾患における治癒をリードして行くものと考えられます。

 

www.WorldMedicalSolution.com

www.WorldMedicalSolution.com

#MoonShotsProgram #癌治療 #がんセンター #ムーンショットプログラム

広告を非表示にする

なぜアメリカの医療すごいのか?

f:id:WorldMedicalSolution:20170117143302j:plain

日本人医師の海外流出が指摘され始めて久しくなりました。先日の記事に取り上げた光免疫療法を開発した医師が所属するアメリカ国立衛生研究所(National Institute of Health)をはじめ、日本人研究者コミュニティーがアメリカ各地に存在しています。

なぜ日本人の医師・研究者がアメリカに集まるのか。その理由を探ってみると、労働環境、研修教育の方法、研究のスピードなど、日本の医学界の問題点が浮かんできます。

 

www.WorldMedicalSolution.com

 

#光免疫治療 #最新癌治療 #オバマ #海外治療

光免疫療法 癌治療 Photoimmunotherapy for Cancer

がんの新たな治療法として、光免疫療法 (Photoimmunotherapy) が注目されています。メリーランド州にあるアメリカ政府の「国立衛生研究所」National Institute of Health(NIH)に在籍する日本人医師のチームにより開発され、オバマ大統領の演説でも触れられるなど、世界が待ち望むがん治療法です。

副作用がなく、がん細胞のみを殺すこの治療法はまだ治験段階ではあるものの、2~3年後にはアメリカでの実用化開始を目指しています。更に6~7年後には最終形として実用できるよう研究、実験が進められていますが、日本での認可を得るまでには10年はかかると考えられます。

 

日本人医師達の海外での活躍は喜ばしく、同じ日本人として誇りに感じられる一方、優秀な医師による研究がアメリカで行われているという事実は、やはり医学研究の先頭はアメリカが担っているということの証と考えられます。

 

 

www.WorldMedicalSolution.com

 

#光免疫治療 #最新癌治療 #Photoimmunotherapy #海外がん治療

HIV / AIDS 新薬 "Gammora"

イスラエルの医療チームがエイズウイルス(AIDS/HIV)に効果のある新薬Gammoraを発表した。


現在、まだ実験的な薬であるが、Gammoraを試験管でAIDS患者および治療中のHIVキャリアから採取した血液に注入したところ、8日後、AIDS/ HIVウイルスは95%〜97%減少した。

 

現在、Zion PharmaceuticalsとKaplan Hospital が共同でこの新薬を実現しようとしている。

 
日本国内でAIDS/HIVでお悩みの患者様により早くこの新薬が届くようWorld Medical Solutionは多くの情報を得て皆様に提供していく努力をします。

 

Experiments conducted by Israeli medical team, in collaboration with Zion Pharmaceuticals is celebrating  a possible cure for the AIDS virus may soon be a reality.

 

Currently, still an experimental drug, reported that the drug, Gammora, was injected in test tubes with blood taken from AIDS patients and HIV carriers undergoing treatment. According to the lab, Eight days, after the procedure, the virus in the test tubes was cut down by between 95% and 97%. It appears that the Gammora drug is causing destruction of HIV cells.

 


がん・臓器移植・難病の海外治療をトータルサポート

 

 #エイズ #新薬 #ガモラ #Gammora #AIDS #HIV #Zion Pharmaceutical